ユー坊のラーメン日記と酒とB級グルメ
~ラーメンが好き!ラーメン食べたい!ラーメン食べた!~
イタリア軒 本店@チャーシューメン
-チャーシューメン1150円-

01_蠎苓・螟冶ヲウ_convert_20140306094534

浜松・御前崎・静岡で社用を済ませた、翌日、静岡から次なる用務地へ向かう前にチェックしてあっイタリア軒 本店で腹拵えです。
色々と検索しましたが静岡駅周辺にラーメン屋って少ないんですねぇ~(汗; 
ココには何やら食べ応えのあるチャーシューを提供することで興味津々なんです。
店内貼り紙から、「ワイルド手打めん(モチモチ弾力感)」、「デリK細打めん(ポクポク・コリコリ感)」と2種類ある自家製麺はラーメンによって定められていてお目当ての標題は「ワイルド手打めん(モチモチ弾力感)」になっています。
只、価格設定が強気なのが気になりますが滅多に立ち寄らない場所なので初志貫徹です!
02_・・スャ・ー・シ・ュ・ー・抵セ拈convert_20140306094608

チャーシューで覆われたドンブリは肉料理ですわ~
スープは表層の油分が少なく「和」を感じる仕上がりです。
動物系の出汁に仄かに魚介を感じるんですが何か独特感のあるスープで僕の駄舌では解読不能です。
また、濃い醤油色の割りには塩分の尖りは無く甘味さえ覚える全体的には穏やかなスープですね。『会計時の店主との会話からこの地域はどの料理にも鰹の出汁を入れるという風習があるため、醤油タレに鰹出汁を入れたものなっているようです。
なるほど、鰹節では無く、鰹なんですね』

麺は平打ち太ウェーブタイプ。確かにこの当たりでは「ワイルド」かも知れません(笑)。
モチモチした食感に弾力性を兼ね備えていて美味しい麺です。
麺の主張と存在感があるためスープに勝っているような印象を受けます。

具は大判のチャーシュー5枚・キクラゲ・メンマ・薬味(白髪ネギ・青ネギ)の構成とチャーシューの存在感が絶大です!
チャーシューは大判に加え厚切りで味付けは濃い目です。
穏やかなスープに対してしっかり味付けがされているのでメリハリ感を感じます。食感も柔らか過ぎず適度な食感もあって、なるほど「自慢のチャーシュー」だけあって旨いです!
また、内一切れは端っこでカリカリと香ばしさが加わって一ランク上のチャーシューを堪能させて頂きました。

正にチャーシューメンの神髄を見たような一杯で1000円超えながら納得できる代物です。
美味しかったです!
ご馳走様でした♪

2011年12月8日実食。

拙いブログへご訪問ありがとうございました。dogezas.gif
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://bonbylider.blog.fc2.com/tb.php/909-ad184a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック