ユー坊のラーメン日記と酒とB級グルメ
~ラーメンが好き!ラーメン食べたい!ラーメン食べた!~
新幹線の中で食べる駅弁-崎陽軒 シウマイ弁当-

-崎陽軒 シウマイ弁当-

20191010101.jpg

この日は1泊2日で青森・仙台(泊)・福島へ出張です。
飛行機での出張と違って上野発なので楽ちんです♪

上野→新青森まで約700kmを3時間で走行する新幹線はやぶさです。
本州最北端の県まで3時間って、日帰り観光も可能ですね。

20191010102.jpg

朝飯と上野構内のお弁当屋を色々と探したところ「崎陽軒 シュマイ弁当」に目がとまりました。
殆どのお弁当屋が1000円超え又は近い中、「シュマイ弁当」は860円とお値段も控えめで、手に取ったお弁当ホカホカで出来たてですよ~
決まりでしょう~♪


20191010103.jpg

色々とお弁当がある中で、個数でダントツ日本一売れている弁当が「崎陽軒 シウマイ弁当」なんですって!
その数なんと1日に約2万3000個!

90年変わらない昔からのレシピ通りに作るシウマイには国産ブタ肉をその日の朝工場で挽いたひき肉と、北海道産の玉ねぎ、一晩水でもどした干し貝柱を戻した水ごと混ぜて作るそうです。

まずは主役であるシウマイはいつ、どこからやってきたのか。そもそもは1928年(昭和3年)、崎陽軒初代社長である野並茂吉氏が「横浜になにか名物を」との思いから、中華街の料理人の知恵を借り、生み出した料理なのだそうです。

そして、我々が普段使う表記は、焼売でもシューマイでもない「シウマイ」が崎陽軒なんです!


20191010104.jpg

肝心な中身は、シウマイ5個に、鶏の唐揚げ・鮪の照り焼・筍煮・玉子焼き・切り昆布、千切り生姜・アンズのおかずが詰められています。
この中で、シウマイがもっとも人気なのは当然のことながら、2番目に人気のおかずは、筍煮なんです。。。
甘辛く煮付けられたタケノコはシャクシャクとした食感も楽しく、お弁当のよいアクセントです。
その他、鶏の唐揚げや鯖の照り焼きなどもとても美味しいです。

そして、冷めても美味しい「ご飯」です!
ベチャッと柔らかすぎず、ほどよい固さのご飯は、蒸気で炊き上げるのがそのヒミツ出そうです。
食べ易い形の俵型に抜かれ、黒ごまをパラリとまいて、小梅をそっと添えたらさり気ない気配りが「シマウイ弁当」ファンを唸らせるんでしょうね。

上野でお弁当を買うなら「崎陽軒 シウマイ弁当」をオススメします!


20191010105.jpg

朝食を済ませ、車窓からの景色、1時間余り睡眠を取ったら、新青森着です。
飛行機と違って寛げて、あっという間の時間ですね~

改札出口前には、祭に出陣した「ねぶた」が展示されていました。
一度でいいから、間近で祭を観てみたいな~
地元、社員に聞いたら、祭期間中のビジネスホテルは1泊数万円と破格になるそうですよ(汗;


20191010106.jpg

立派な駅舎ですね。
はい!昼食の時間です(笑)

拙いブログへご訪問ありがとうございました。dogezas.gif
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://bonbylider.blog.fc2.com/tb.php/3056-3c0f62ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック