ユー坊のラーメン日記と酒とB級グルメ
~ラーメンが好き!ラーメン食べたい!ラーメン食べた!~
~沖縄2泊3日の旅行⑯/世界文化遺産 斎場御嶽~

-世界文化遺産 斎場御嶽-

20190611301.jpg

沖縄最後の観光です。。。
ガンガラーの谷」でネイチャーツアーを体験し、お昼にはちょっと早かったので「世界文化遺産 斎場御嶽」へやってきました。。。

御嶽とは、南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で、斎場御嶽は琉球開びゃく伝説にもあらわれる、琉球王国最高の聖地だそうです。

20190611302.jpg

斎場御嶽入口です。
世界遺産の斎場御嶽は2000年12月、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして、ユネスコの「世界遺産条約」に基づく世界遺産リストに登録されました。

「御嶽」とは、奄美諸島から宮古・八重山にいたる南西諸島に広く分布している聖地の総称で、斎場御嶽は、琉球王朝時代に政府が整備した国家的な宗教組織との関連が深い、格式の高い祭祀場であったそうです。


20190611303.jpg

昔の参道で急な斜面を上がってくるんですね。。。


20190611304.jpg


20190611305.jpg


20190611306.jpg

三角岩の奥からの景色で、遠くに久高島(くだかじま)が見えます。
地図を見ると、斎場御嶽は首里城と久高島の中間にあり、その三か所を線で結ぶと一直線になるそうです。


20190611307.jpg


20190611308.jpg

入口付近から足元がやや悪く、急な傾斜や階段です。
滑りやすいのでスニーカーなどの歩きやすい靴で行かれることをお勧めしますよ。
でも、滑ります。。。


20190611309.jpg

しばらく森の中にある一本の石畳道を登って行きます。


20190611310.jpg

ここは大庫理です。
御嶽の中には六つのイビ(神域)がありますが、中でも大庫理・寄満・三庫理は、いずれも首里城内にある部屋と同じ名前をもっています。
当時の首里城と斎場御嶽との深い関わりを示すものでしょう。。。。


20190611311.jpg

大庫理は、祭祀的な機能を持つ格式の高い場所で聞得大君のお新下りの儀式での「お名付け(霊威づけ)」儀礼が、首里城と同じ名前を持つこの場所でとり行われたのは、その名にふさわしいことと言えるそうです。
前面にある磚(せん)敷きの広間では、神女たちが聞得大君を祝福し琉球王国の繁栄を祈ったそうです。。。


20190611312.jpg

戦争遺跡として残されている艦砲穴だそうです。


20190611313.jpg

寄満という場所です。


20190611314.jpg

ここは首里城内にある建物の名前で、国王のために食事を作る厨房を指します。
当時、ここには国内外からの海幸・山幸が集まり、それが、豊穣の寄り満つる所」と理解されていったらしいです。
同じ名前を持つ斎場御嶽のこの場所には、第二次世界大戦前まで、その年の吉兆を占う馬の形をした石(うまぐゎーいし)が置かれていたそうです。。。


20190611315.jpg

ここの目玉と云っても良い三角岩です。


20190611316.jpg


20190611317.jpg


20190611318.jpg

貴婦人様御休み所と二本の鍾乳石です。

これにて沖縄2泊3日の観光は終了です。。。
お腹空いたのでランチを食べて空港へ向かいましょう~
飲んで・食べて・歩って・笑って、楽しい旅行でした♪
また、ご一緒願います!

住所:沖縄県南城市知念字久手堅内(駐車場有り)
電話:098-949-1899
営業時間:HP参照
定休日:HP参照
喫煙:可(喫煙所アリ)
HP:https://okinawa-nanjo.jp/sefa/



拙いブログへご訪問ありがとうございました。dogezas.gif
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://bonbylider.blog.fc2.com/tb.php/2937-0a841aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック