ユー坊のラーメン日記と酒とB級グルメ
~ラーメンが好き!ラーメン食べたい!ラーメン食べた!~
お茶の水 大勝軒/もりカレー@東京都千代田区(神田小川町)
-【期間限定】もりカレー 970円-

01_convert_20160528230907.jpg

この日のランチは久しぶりに「お茶の水 大勝軒」へ。。。
東池袋系の中でも「お茶の水大勝軒」は門下生を沢山輩出した「東池袋大勝軒」の創業者故山岸一雄氏の味を忠実に守り、濃い流れを汲むお店で有名です。

02_convert_20171023162411.jpg

本日は故山岸一雄氏が遺したレシピを元に復刻させた「カレー」を提供していると聞きつけ伺った次第です。。。
創業当時の大勝軒はつけ麺以外にもタンメン・カレーライス・シュウマイなどあらゆるメニューが人気でしたがつけ麺が大人気となり行列が絶えなくなったしまったことで「つけ麺」以外のメニューが封印されてしまったそうな。


03_convert_20171023162424.jpg

今回のお目当ては復刻版の「カレーライス」ではなくカレー中華orもりカレーが目当てなんです!


04_convert_20171023162438.jpg

中華かもりか、悩んだ挙げ句、「つけ麺」がウリのお店なので「もりカレー」に決めました!


05_convert_20171023162454.jpg

ビックラポン!こう来ましたか―――――!
大勝軒由来の豚骨出汁にカレーのダブルスープかと思ったら、レギュラーのつけ汁に復刻版のカレーを載せた一品でした~


06_convert_20171023162507.jpg

つけ汁は非乳化タイプの豚骨醤油味です。
豚さんエキスは薄目でカエシと大勝軒由来の甘味が利いたつけ汁ですね。
粘度は殆ど感じず甘味>>>>酸味>>辛味の味覚構成で大勝軒特有の味わいです(笑)

そこに、カレールーが溶け出してカレーつけ汁として成立しています。
カレー自体は熟成感があって食堂系のどこか懐かしい味わいですよ
大勝軒由来の味覚とカレーが織りなすハーモニーは悪くありませんね。


07_convert_20171023162519.jpg

つけ汁の中の具材は通常のチャーシュー・茹で玉子・メンマの他にカレールーの元になっている豚肉・玉ねぎ・にんじん・ジャガイモが入っています。
カレーライスのルーを載せているんですから当たり前ですけどね(笑)

豚肉の食感はじっくり煮込んだであろう。。。ほど柔らかく、玉ねぎは溶け掛かっているし、にんじん、ジャガイモには味が確り染みていますよ。


08_convert_20171023162535.jpg

麺は中太クラスです。
瑞々しいというより水水しいんです(笑)
水切りの甘さは承知済みなので許容範囲です。。。


09_convert_20171023162546.jpg

麺量は並盛で250gですかね。
大盛だとプラス200円は痛いところ。
麺は少しヤワメの茹で加減でブニュとした食感が先行します。
これ、これって感じです(笑)

1度は食べてみたいと思っていたので良い機会に恵まれました。
これも経験ですね。
ご馳走様でしたm(_ _)m

住所:東京都千代田区神田小川町3-1-5(駐車場無し)
電話番号:03-3233-9911
営業時間:11:00~22:00
定休日:月曜日
喫煙:不可



拙いブログへご訪問ありがとうございました。dogezas.gif
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://bonbylider.blog.fc2.com/tb.php/2282-c85ff150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック