ユー坊のラーメン日記と酒とB級グルメ
~ラーメンが好き!ラーメン食べたい!ラーメン食べた!~
笹巻けぬきすし@東京都千代田区(神田小川町)
-ランチセット 1050円-

01_convert_20160927182934.jpg

何度足を運んだことか。。。臨休・ランチ終了・満席など
この日は空席もあり入店することができました!
創業は看板にもあるとおり元禄15年、西暦で云うと1702年で300年以上の歴史がある「笹巻けぬきすし」というお寿司屋さんです。
知る人ぞ知る超有名老舗店です。
この年は、なんと赤穂浪士の討ち入りがあった年と同じです。

「笹巻けぬきすし」は江戸三鮨の一つに数えられ、「笹巻」の由来は字の如く笹の葉で巻いた押し鮓が語源で、「けぬき」は毛抜きを使って寿司ダネの魚の小骨を抜いたことが語源のようです。
「笹巻けぬきすし」は折り詰めで持ち帰って食べるのが一般的で折り詰めの鮨は翌日まで保存できるので、本来「お持ち帰り」が専門のお店ですがイートインも可能です。
「お持ち帰り」が専門店でも時代の波でしょうかランチもあるんです!

02_convert_20160927182953.jpg

限定10食なのでハードルは高いです。。。
ランチセットには笹巻けぬきすしも付いています。
メニューも見ると豪華で穴子とカンパチの二色丼、けぬきすし(玉子、のり巻き)、小鉢、漬けもの、お吸いもので1050円はお得感がありませんか?


03_convert_20160927183032.jpg

中に入るとショーケースに入ったお持ち帰りの見本があります。
小さめだけど4人掛けテーブル3セット。2セットは先客で埋まっていて1テーブルが空いていました。
一見、敷居が高そうなお店だったけど、中に入ると普通の感じです。まあ、歴史を感じるものもありますが居心地は快適でした。


04_convert_20160927183050.jpg

メニュー通りの品がお盆に載せられて小生の手元に届きました。
ランチにしては華やかですね~小さいな幸せを感じます(笑)


05_convert_20160927183106.jpg

ご飯は大盛無料だったので大盛りで。
並と大盛では丼のサイズが違いますね。
ご飯の上に敷き詰められた穴子とカンパチ(3種)、穴子は小振りだけど1尾分はありますね。


06_convert_20160927183121.jpg

穴子はふっくらと煮てあって甘く煮詰められたタレも非常に美味しいです。
ご飯は酢飯で強からず弱からず素材を引き立ていますね。クッションになっている刻み海苔も絶妙です。


07_convert_20160927183136.jpg

部位は違うカンパチの刺身は3種で山椒が掛かった刺身って初めて食べたけど旨いね。
後は普通の刺身と細かく切った物を含め新鮮かつ甘味があって上品物ですね。


08_convert_20160927183201.jpg

初めて食べる「笹巻けぬきすし」です。
2ヶの「笹巻けぬきすし」は「玉子とかんぴょうの海苔巻き」なので正式には「笹巻すし」になるのかな。。。


09_convert_20160927183217.jpg

酢飯に卵焼きを巻いただけど笹を剥がす時がちょっとワクワク♪
大きさは一口サイズ。
玉子焼きは薄目の味付けながらフワフワの食感が絶妙で、いいね。


11_convert_20160927183247.jpg

かんぴょうの海苔巻きも至って普通の感じはするんだけど何処か違う重みを感じますね。


13_convert_20160927183320.jpg

お吸物。


14_convert_20160927183335.jpg

豆腐、お麩、結んだ竹輪が入っています。
所謂、「おすまし」ですけどお出汁の利きが凄いですね、アッサリながら深い、料亭のような上品な美味しさです。
竹輪を結ぶ芸当も食べる手の心を揺さぶりますね。


15_convert_20160927183352.jpg

小鉢は下にキャベツの千切りを敷いたサラダ的なものでカボチャをペーストにしドレッシング感覚も工夫さがありますね。
手抜きを感じさせません。


16_convert_20160927183409.jpg

沢庵と牛蒡の漬け物。
ここにも拘りを感じましたね。

現在は13代目が伝統の味を守っているそうです。
一つ一つに丹精を込めているのが実感できるランチでした。
本来は折り詰めを家で楽しむのが姿でしょうけど機会があればランチもオススメします。
江戸は深いですね!
ご馳走様でした♪

住所:東京都千代田区神田小川町2-12(駐車場無し)
電話:03-3291-2570
営業時間:9:00~18:30、土9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
喫煙:不可
HP:http://www.kanda-hojinkai.com/information/sinise/sinise09.html



拙いブログへご訪問ありがとうございました。dogezas.gif
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://bonbylider.blog.fc2.com/tb.php/1900-79da81e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック