ユー坊のラーメン日記と酒とB級グルメ
~ラーメンが好き!ラーメン食べたい!ラーメン食べた!~
来福軒@福岡県久留米市(城南町)
-サービスセット(ラーメン+焼きめし(小)) 820円-

01_convert_20160210184029.jpg

毎年恒例になっている福岡へプチ旅行~♪
友人に福岡空港まで迎えに来てもらい、そのまま久留米市へランチラーのため直行です!
目的地はJR久留米駅前にある老舗ラーメン屋です。
立派な駅舎ですが久留米は西鉄久留米駅の方が賑やかな繁華街になっています。

02_convert_20160210184043.jpg

駅前に展示してある世界最大のタイヤです。
ラーメン好きなので久留米と云えば豚骨ラーメン発祥の地を直ぐに思い浮かべてしまいますがゴム産業発祥の地として地下足袋からゴム靴、そしてタイヤへと飛躍的な産業を成し遂げた街としても有名です。


03_convert_20160210184057.jpg

そして、駅前にひっそり佇む「とんこつラーメン発祥地」のモニュメント。
小生にはこっちの方が魅惑的ですね。
豚骨ラーメンの発祥は小生も一度5年半位前に一度伺ったことがある「南京千両」で現在でもここ久留米で営業しています。
昭和12年創業で当初は屋台による営業で横浜の南京街で修行したので南京千両という名らしいです。
そして、豚骨ラーメンは宮崎県を除く九州全域(諸説アリ)で食べられるようになり、全国に影響を与えことは云うまでもないと思います。
昭和初期に屋台営業から始まって豚骨ラーメン文化に大きく貢献したお店として外せないのが昭和27年創業の「清陽軒」と昭和29年創業の「来福軒」の存在です。
どちらも、現在も久留米で営業している老舗店で今回の目的はこの2軒のラーメン屋で「とんこつラーメンの元祖」の老舗の味を堪能すべく久留米に来た次第です。


04_convert_20160210184111.jpg

JR久留米駅前に建つ来福軒さん。
とんこつ発祥の地と昭和29年創業の看板が目立ちます。
老舗店の風貌はなく横から見ると立派なビルとなっていますね。


05_convert_20160210184146.jpg

正面から見ると住居兼店舗のようで入り口は普通の街にあるラーメン屋ですが看板・暖簾に彫られた昭和29年創業に重みを感じますね。
現在は息子さんが二代目としてお店を引き継いで営んでいるそうです。


06_convert_20160210184201.jpg

暖簾を潜ると早速豚骨臭が。。。心地良く鼻孔を抜けていき期待が膨らみますよ。
店内はカウンター・テーブル・小上がりとキャパがあります。
当然、ラーメン狙いですが福岡のラーメン屋はチャーハンを出す店も少なくはなく、しかも旨いところが多いのです。
メニューにチャーハンを見つけてしまい、腹ペコでお得なセットもあるのでサービスセットにしました。


07_convert_20160210184217.jpg

ラーメン(並)、単品ですと570円也。
このビジュアルからして実に旨そうですね♪
相変わらず、関東では食べられない価格設定には驚きです!


08_convert_20160210184232.jpg

チャーシューにはあまり拘りがない福岡ですがそれでも3枚とは嬉しいですね。
キクラゲ・海苔・青ネギと定番の豚骨ラーメンです。


09_convert_20160210184247.jpg

あ、やっぱり旨い!
不思議と現地で食べる豚骨ラーメンは関東では味わえない深みがあるんですよね。
芳醇過ぎる豚骨の香りで口当たりはサラッとしていますが豚骨の濃度は十分過ぎています。
凝縮されていますね!


10_convert_20160210184303.jpg

麺は標準的な久留米系の太さです。
どちらかと云うと中細に分類され博多に比べて太いのが特徴です。
本場の久留米で麺カタなんて野暮の事を云っては逝けません。
滑らかな麺肌に食感はシコシコとした歯切れの良さにダイナミックさがあります。
美味しいですね!


11_convert_20160210184320.jpg

チャーシューはバラタイプ。
煮豚だと思います。
チャーシューとしては薄切りですが食感は厚みのあるシャブ豚のようにジューシーで素朴な味わいにホッとします。
余分な豚臭もなく無難に美味しいですね。


12_convert_20160210184336.jpg

セットの半チャーハンです。
提供が早いラーメンに遅れることなく手際良く配膳がありました。
そして、玉子が綺麗に混ぜ合って黄金色したチャーハンが印象的です。
福神漬けのトッピングの多い中、沢庵とは珍しいです。


13_convert_20160210184352.jpg

味は薄味の部類ですが濃厚な豚骨ラーメンとのバランスを考えればベストですね。
そして、ご飯はパラパラと油分も少なく安定した旨さです。
替え玉有りきの豚骨ラーメンなので小チャーハンは嬉しい提供だと思います。

大変美味しかったですね。
創業の名前に胡座をかくことなく正当派の久留米をラーメンを守り続けている印象を受けました。
関東では味わえない一杯だと思います。
訪店の甲斐がありました。
2軒目へ続く。。。

住所:福岡県久留米市城南町3-14(駐車場無し)
電話番号:0942-33-7957
営業時間:11:00~15:00/17:30~23:00(スープ切れ次第終了)
定休日:月曜日
喫煙:可



拙いブログへご訪問ありがとうございました。dogezas.gif
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://bonbylider.blog.fc2.com/tb.php/1687-1070e01a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック